石鹸洗顔のメリットとデメリット

洗顔を石鹸だけでする人が最近増えているようです。なかなか肌質に合うクレンジング剤や洗顔フォームに巡り会えないという人には石鹸はおすすめですが、石鹸で顔を洗ういいところは何でしょう。

石鹸洗顔の一番のメリットは、不用意に角質をはがさないところです。湯水で洗い流すと肌に界面活性剤が残らないからです。界面活性剤が残らないと、角質がはがれにくくなります。角質が不要になるまで皮膚に残しておくことで、新しい皮膚に不用意に負荷をかけずに済むようになるというわけです。石鹸の泡をのせてから30秒程度でやさしく擦らずに洗えば、肌にとって石鹸洗顔はとてもメリットがあるといえます。ただし、石鹸の泡はアルカリ性なので、弱酸性の肌にしばらくつけていると肌が弱い人は負けてしまうと言われています。他の洗顔フォームなどは界面活性剤が残り水分を保留するので、保湿効果があります。石鹸のデメリットを補うためには、肌の洗浄レベルを下げて肌が育つブレーキになるようなことを避けることが大切です。洗浄能力のないクレンジングクリームとすすぎ洗顔だけである程度肌を健康にしてから、石鹸洗顔を行うのです。例えば、皮膚が刺激に対して弱くなっている時は石鹸は使わず、肌荒れのない日だけ石鹸での洗顔をするという習慣をつくるのもいいでしょう。
ピューレパール,口コミ

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.