タイヤの空気圧

タイヤの空気圧について書いて行きます。車のタイヤの空気圧はどれくらいのでしょうか。

普通は1.8~2.2kg になります。空気圧が少ないとどんなことが起きるのでしょうか。空気の入っていないタイヤでそのまま走り続けて、カーブを曲がったと仮定します。そうしますとタイヤはホイルから簡単に外れてしまい、カーブを曲がるための踏ん張りが全く効かなくなってしまいます。そうなりますとホイールが直ちに道路に接触し、すべて車はコントロール不能となり、そのまま事故へと繋がって行きます。ですから空気圧が少ないということは非常に怖いことですので、きちんとした適正な空気を入れておく必要があります。ですが、タイヤはそのままほおっておくと徐々に空気が漏れて行きます。どのくらい空気は漏れてゆくのでしょうか。1年間で約1kg 減ってゆくと言われています。ですからそう考えていますと1年間ほうっておくだけでタイヤの中に入ってる空気圧は、約半分になってしまうということになります。ですから空気圧は、定期的に点検しておくということが必要ということがいえます。車買取 福島

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.