長年の経験

PV施工をするためには長年の経験が必要となります。なぜなら、太陽光発電モジュールは屋根に設置することがほとんどだ

からです。つまり屋根にPV施工するためには屋根の状態を正確に掴み、太陽光発電モジュールの重さに耐えられるかどうかの判断をしなければならないからです。メーカーによっては築10年以内の住宅にしか設置してはいけないと施工業者に指示しているところがあります。なぜなら、築10年以上たっている家の屋根は経年劣化を起こしている可能性があるからです。しかしすべてのメーカーがそのような基準を設けているわけではありません。施工業者が判断しなければならないこともあります。しかし、屋根の状態を見極めるためには長年の経験が必要となります。住宅の屋根は様々な過酷な条件下に晒されています。雨や雪更には直射日光が当たるなど厳しい自然環境に耐えているわけです。その屋根の表面が劣化してきたり、あるいは屋根を支える柱が老朽化してくると太陽光発電モジュールの重さに耐えられなくなることがあります。
duo クレンジングバーム 最安値

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.