十分な知識

短い期間だけでPV施工業者は十分な知識を得ることはできません。研修用ではモデル用の屋根を使い

設置実習を行います。しかし、屋根一つ取ってみても状態は様々です。新しい家の屋根もあれば古い家の屋根もあります。材質もそれぞれ異なります。ですから、設置工事をする家の屋根は一つとして同じものはないわけです。その施工する家の屋根の状態を正確に知るためにはたくさんの経験が必要といえます。短い研修だけでは、この経験を得ることは不可能なことです。しかし実際には十分な経験をつまないまま、短い研修を受けただけで業者は現場に入るわけです。そのような経験や知識が不足している業者が仕事を請け負うのはどうなのだろうかと考える人は少なくありません。
太陽光発電モジュールの重さに耐えなければならないのは設置した当初だけではありません。300km ~400キロの重さがある太陽光発電モジュールは20年以上持つとみなされています。ですから、10年後20年後も太陽光発電モジュール重さに耐えていなければならないわけです。本当にそれが可能かどうかを見極めをするにはかなりの経験が必要といえます。屋根の工事に詳しい人がいるならば良いかもしれませんが、会社の中に誰1人いないということもあります。そうしたPV施工業者に依頼するならば大変な結果を招くとことになる可能性があります。mimura ss cover 最安値

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.