内臓脂肪ダイエットの必要性

内臓脂肪を減らすダイエットに力を注ぐ人は少なくないようですが、内臓脂肪を減らすことは健康にいいのでしょうか。内臓脂肪が多い人は、糖尿病、動脈硬化、高血圧などの症状が出やすいといいます。

内臓脂肪がたくさん作る悪玉物質によってインスリンの効果が低下し、糖尿病の原因になります。血栓を作りやすくするPAI-1の産生も活発になります。血栓が脳に行くと脳血栓になるなど、命に関わる重大な症状に関わってきます。血管の平滑筋の増殖を引き起こす物質も内臓脂肪が生産しており、動脈硬化の要因にもなります。内臓脂肪は、皮下脂肪と比較して代謝が高いために、皮下脂肪よりも多くの物質を作るという性質があります。内臓脂肪をダイエットによって減少させると、数々の健康効果があるというのは、この様な理由からです。内臓脂肪は普通預金のようなものです。皮下脂肪より引き出しやすく減らすことはそれほど困難ではありません。健康のためにも内臓脂肪ダイエットを実践しましょう。男性と女性を比較した場合、男性で肥満体型の人のほうが、生活習慣病にかかりやすいため、ダイエットの必要性も高いといいます。ダイエットは女性がするものと思っている男性も多いようですが、重大な病気にならないためにも内臓脂肪ダイエットをしたほうが良いでしょう。
http://www.tunisianawebawards.com/

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.